セフレを作りたい

真面目と言われる男でもセフレを作りたい

「セフレができたらなぁ」と思うことは、特に男性の方には多いのではないでしょうか。私は既婚者で、周囲からは「愛妻家」や「真面目」などとよく言われるのですが、そんな私でも「セフレを作りたい」という思いを抱いていたのです。
そして、その思いも頂点に達しアプリを使ってセフレを探してみようという結論に至りました。現在の居住地が妻の実家の近くということもあり、なかなか手近な女性にアタックすることはできません。そこで、アプリを介して見ず知らずの女性とセフレになろうと思ったのです。
計画は順調に進み、いよいよ実際に女性の方と出会う日になりました。相手は私と同じ30台半ばの既婚者の女性です。「禁断の愛」という言葉を男の私が使うのはおかしいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、この禁断の愛に対する興奮は言葉で言い表せないぐらいのものだったのです。
そして腕を組みながらホテルに入っていき、部屋の中で手を震わせながら彼女の顔を優しく触りました。彼女も興奮してくれていたのか、それだけでも物凄く「感じた」ようなそぶりを見せてくれて、私のやる気は最高潮に達したのです。
それからの私は記憶が飛んでしまうぐらいの興奮の中にいました。ひたすらに彼女を嘗め回し、ひたすらに腰を振り、妻と行為している自分とはまったくの別人になっていたのです。
こうなるともうセフレ作りはやめられなくなりました。その後もアプリを使って2人の女性と関係を作ることに成功し、現在は3人の女性と良い関係を築けています。
【大阪府|30代|男|不動産関係】

 


ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>

 

・関連ページ >>セフレ探しを確実にするには会えるアプリを使うのが大切

 

 

 

真面目と言われる男でもセフレを作りたい

 

毎日忙しい日常を送り、仕事に真面目で堅実な日常を過ごしている男性は日本にはたくさんいます。趣味も少なく「女遊び」をした経験がない男性もいますから、「童貞」でも不思議ではありません。
性的なことに風当たりの強い現代社会では、真面目に生きれば生きるほど「性的な楽しみからは遠ざかっていきますよね。アダルトビデオや漫画でさえ規制が激しくなりつつあり、女性に対して「セクハラ」と問題になってはいけませんから「性欲を抑える」ことが現代社会で真面目に生き抜くコツでしょう。

 

しかし、簡単に「性欲」を抑えられるはずがありません。日々欲求不満を募らせても、「人間なら性欲があって当然」のはずなのに簡単には発散できないでしょう。
真面目に生活を送るためには、本当に我慢し続けることが最善の方法なのでしょうか?

 

性欲は無くすべきなのか?

 

テレビや創作物から「性的なコンテンツ」がどんどん消えている現代社会では、発散する場所がありません。「風俗」利用しようとしても、きちんと理解した上で女性が自ら「性産業」に関わるのならば「職業の自由」として認められるべきですが、日本の現代社会ではあまり受け入れられておらず数が減りつつあります。男性が利用することにも偏見の目が向けられてしまいますよね。

 

「性的なコンテンツ」は年々減少しつつあり、自分で発散する方法を見つけ「自己責任で我慢するか発散するか選ばなければいけない」はずなのに「発散することはいけないこと」のように勘違いしてしまう男女が増えています。

 

若い世代に増え続けるセックスレスという関係性

 

「セクハラ」と問題になることを恐れるあまり「性教育」をしっかり行われなかった子どもたちは、正しい知識を学ぶことなく大人になります。セックス自体を「いけないこと」だと認識している若い男女も増えており、「セックスレス」は若い男女のカップルにも増え続ける関係性です。
倫理的に問題がありますから「不倫」や「愛人」が認められないのは当然のことですが、芸能人がそういったことを明るみにされると当事者以外の人間が必要以上に攻撃し「性を楽しむと批判を浴びる」ような構図を目の当たりにしながら若い世代は成長しています。

 

しかし、「少子化」が問題視されている日本の現代社会では「結婚すれば子作りをするのが当たり前」のように認識されていますよね。家庭ごとに考えて決めるべきことで、将来的な金銭の問題に関わる大きな問題ですから「子作りをしない」という選択肢もあるはずです。先述した通り「セックスに魅力を感じない」という夫婦もいますから「子作りをしたくない」という選択をすることも少なくはありませんが、「子作りをするのは普通」という悪しき風潮は根強く残っています。
日本の現代社会、両親や友人、周りの人間から「どうして子作りをしないの?」と半ば強制的にセックスを強制されるのに「セックスはいけないこと」のようになっている日本は、矛盾しているような気がしますよね。

 

このまま年齢を重ねると「発散する機会」はどんどん減ってしまいます。本当に、「真面目に発散すらしない生活」は正しいのでしょうか?

 

お互いに割り切りながらセックスを楽しむ

 

セックスという行為は、男女間の「高次元のコミニケーション」でもあります。「特別なこと」と認識されてしまっている日本の現代社会ですが、結婚すれば必ずすることなのであれば「特別なこと」ではありませんよね。
もちろん、男女どちらか一方が正しい知識がないまま「私利私欲のため」にセックスをしたり、倫理観に反して誰かを悲しませるようなセックスをすることは問題でしょう。ですが、お互いに楽しむためのセックスならばなにも問題はなく、「コミニケーションの一環」ですから「いけないこと」ではないはずなのです。

 

社会常識や倫理観から逸脱しないセックスを楽しめる関係

 

「セフレ」という言葉には、いいイメージがありませんよね。貞操観念が緩く、セックスだけを楽しむ関係性なんて「爛れている」捉えられてしまうでしょう。
お互いがそういった関係を望み、男女どちらにも不満がないのであれば「性産業」と同じように「認められるべき関係性」なはずです。ネットが普及する現代社会では、正しい判断ができない未熟な人達を守るために規制を強くすることは大切ですが、周りの意見に流されやすい日本人の特徴のせいで「セックス自体がいけないこと」と勘違いされてしまっています。

 

何度も申し上げますが、「セックス」はコミニケーションとして楽しめる行為であって「いけないこと」ではありません。あくまで、「私利私欲のために相手を利用する」ことや「倫理観に反する関係」にセックスが密接に関係しているだけなのです。

 

真面目に現代社会を生き抜くのならば、真面目に「セックス」について考えなければいけません。「セフレ」を作るという考えに至ったことは、「真面目に考えた末の結論」なのかもしれませんよ。

 


ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>

 

・関連ページ >>セフレ探しを確実にするには会えるアプリを使うのが大切

 

 

 

 

 

 

 


ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>



・TOP ランキングへ戻る >>セフレを作りたい女性が募集してるサイト【口コミ・評判を元にランキング作成】

関連ページ

アプリでエッチの上手い女性を見つけてセフレにする方法
きれいな肌を持った女の子と出会いセフレにしました
出会いアプリにはそのような肌を持った女性が居ましたが、私が声を掛けても相手にしてもらえず、空振りの日々を送っていたのです。しかしそれでも私は諦めずに、出会いアプリで瑞々しい肌を持った女性に声をかけ続けました。